生命保険 東京

 

お気に入りに登録すると便利です。

東京の生命保険の見積もり相談ランキング

 

種類 保険マンモス OZ─i みつばち保険
相談形式訪問型訪問型来店型
対応地域全国全国全国160店舗以上
利用満足度★★★★★★★★★★★★★★☆
種類 保険アドバイザーズ みんなの生命保険 保険ナビ
相談形式訪問型訪問型来店型
対応地域全国全国全国130店舗以上
利用満足度★★★★☆★★★★☆★★★☆☆

 

生命保険の選び方

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング

日本では、生命保険の世帯加入率は9割以上。そのため、生命保険に入っているのが普通だと言えるでしょう。しかし実際のところ、生命保険、医療保険、死亡保険などをきちんと理解して加入している方はほとんどいないのではないでしょうか? そのため、多くの人が、プロから見ると、危険な加入をしているのが現状です。

 

あなたの生活に大きく関わる2大保険

 

あなたの健康と大きく関わる保険は、大きく分けて「生命保険(死亡保険)」と「医療保険(入院保険)」の2つです。「生命保険(死亡保険)」は、あなたが亡くなったときにもらえるお金です。また「医療保険」は、あなたが病気などにかかり、入院や手術をしたときにもらえる保険です。

 

保険には特約を付け手厚い保障を得ることができます

 

「生命保険(死亡保険)」や「医療保険(入院保険)」には、保障金をもらうための条件をさらに追加することができ、その追加条件は「特約」と呼ばれます。例えば、通常の生命保険(死亡保険)の場合、両目が失明するようなかなり重い障害が残った場合は保障金を受け取ることはできますが、片目を失明しただけでは保障金は出ません。しかし、片目を失明するような障害や、事故にあったときにも保障金が出るような特約もあるので、きちんと特約をつければ、保障金をもらうことができます。

 

また、「生命保険(死亡保険)」に医療保障の特約をつければ、あなたが病気で入院や手術を受けるときにも保険金をもらうことができます。逆に「医療保険(入院保険)」に死亡保障の特約をつければ、あなたが亡くなったときにも保険金をもらうことができるわけです。

 

若いし独身だから、生命保険なんて必要ない?

 

最近の若い方の中には、「生命保険(死亡保険)」はあまり重要だとは考えいない方もいるので、「自分が死んだときのことなんて、どうでもいい」と思っているかもしれません。しかし、あなたがたとえ独身だったとしても、死んだときの葬儀代のために生命保険に入っておくのが一般的です。また、「生命保険(死亡保険)」には、余命半年の宣告を受けたときに保険金を受け取ることのできるリビングニーズ特約と呼ばれるものもあります。そのため、生命保険に入るか入らないかで、あなたが余命の宣告を受けたときの残りの人生も、大きく異なってくるでしょう。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング生命保険から医療保険まで、No.1見積もり相談『保険マンモス』

 

生命保険に医療保障の特約をつければ、医療保険に入らなくても大丈夫?

 

急な病気などのときのために医療保障も受けたい方の中には、「生命保険(死亡保険)に医療保障の特約をつければ大丈夫」と考えている方もいるかもしれません。しかし実際はは、生命保険(死亡保険)と医療保険(入院保険)は、別々に加入する方がメリットが大きいと言われています。

 

生命保険と医療保険を分ければ見直しもしやすい

 

というのも、生命保険(死亡保険)の死亡保障でメリットの大きい保険会社と、医療保険(入院年金)の医療保障でメリットの大きい保険会社の2種類があるからです。年齢や性別により、会社によって支払い金額や、受け取る保障額が違ってくるわけですね。そのため、生命保険(死亡保険)はA社の死亡保障を利用し、医療保険はB社の医療保障を利用する、というような分けた使い方をする方が、あなたの健康に何かあったときにも、有利に使うことができるわけです。

 

昔は、医療保険は外資系の一部の保険会社のものしかありませんでした

 

保険は大きく3種類に分けることができ、1.生命保険(死亡保険)、2.損害保険(火災保険や自動車保険)、3.医療保険(入院保険)に分けられます。そしてそれぞれ、生命保険は第一分野の保険、損害保険は第二分野の保険、医療保険は第三分野の保険、と呼ばれています。

 

昔は、医療保険は、日本の生命保険会社や損害保険会社が扱うことは日本では規制されており、外資系の企業のみが独占して販売していました。日本の生命保険会社や損害保険会社は、医療保険(入院保険)を単体のみで販売することはできず、生命保険(死亡保険)とセットになった医療特約としてしか販売されていませんでした。

 

しかし1996年に新保険業法が施行され、しばらく外資系企業の利益が保護された後、2001年より日本の生命保険会社や損害保険会社も、医療保険(入院保険)のみ販売することができるようになりました。

 

現在は、医療保険の種類も多いので見直しのチャンス

 

そのため現在では、様々な種類の医療保険の中から選んで加入することができるので、わざわざ生命保険(死亡保険)の特約として医療保障を受ける必要はありません。生命保険(死亡保険)と医療保険を分けておいた方が、保険の見直しもしやすくなるというメリットもあります。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング全ての保険を一括相談、No.1見積もり相談『保険マンモス』

 

生命保険(死亡保険)は1個だけでいいの?

 

生命保険(死亡保険)には、大きく分けて「定期保険」、「終身保険」、「養老保険」の3種類に分かれます。

 

定期保険:「定期保険」とは、いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる保険です。支払いが安いため、経済的に苦しい方には人気があります。しかし契約している期間しか死亡保障を得ることはできず、更新できる上限年齢が決められているため、高齢になると無保障状態になってしまいます。また、満期時まで支払ってもお金は戻って来ないので、貯蓄性は全くなく、「掛け捨て」といわれるわけですね。よく目にする「県民共済」も、定期保険の1つです。その他にも、民間の保険会社も様々なタイプの定期保険を用意しています。「定期保険」は、更新するたびに少しずつ保険料がアップする場合が多いので、初めのうちは支払いが安くても、だんだん高くなるというデメリットもあります。

 

終身保険:「終身保険」は、満期で支払いが完了した後も保障が続きます。保険料が高いというデメリットがあるものの、支払いが終了した後も、一生涯続く保障を受けることができます。また支払い終了後の解約時には、返戻金が大抵の場合は100%以上になるため、貯蓄性があるというメリットもあります。

 

養老保険:「養老保険」は、「定期保険」と「終身保険」の中間のような保険です。支払いをしている期間しか死亡保障を得ることはできませんが、満期まで支払うと、死亡保険金額と同等の解約金をもらうことができます。「養老保険」も、支払い終了後の解約時には、返戻金が大抵の場合は100%以上になることが多いため、貯金としても利用できます。そのため養老保険」は「貯蓄型」と呼ばれることもあります。

 

生命保険といっても、保障額が一定でない型も

 

「定期保険」には、保障額が変わらない「定額型」や、だんだん保障額が減る「逓減型」、保障額が増える「逓増型」など様々なものがあります。普通の家庭の場合は、高齢になるにしたがって収入が増える一方、学費や教育費は減るため、保障額が減ってもいいと考える方が多く、「逓減型」を好む傾向があります。しかし一般的には、高齢になるにしたがって病気も患いやすくなりますよね。そのため、「逓減型」がよいのか、「逓増型」がよいのかは、あなたのライフスタイルによって異なります。

 

生命保険は、複数入っておくと貯蓄代わりにも使える?

 

「生命保険(死亡保険)」には、1つしか入っていない方も多いですが、さらにもう1つ「終身保険」や「養老保険」に加入しておけば、老後の貯蓄として備えることも可能です。特に、お金に余裕がある方や、独身の方などは、2つ入っておく方がメリットが大きい場合もあります。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング全ての保険を一括で見直し、No.1見積もり相談『保険マンモス』

 

「生命保険(死亡保険)」の医療保障や「医療保険(入院保険)」は大丈夫?

 

「生命保険(死亡保険)」の医療保障や「医療保険(入院保険)」には、様々な保険や特約があります。「医療保険」は、基本的には全ての入院・手術に対応していますが、「医療保険」の中には、特定の疾患に特化した「特定疾病保険」というものもあります。

 

「特定疾病保険」の中には、「生活週間予防保険」や「がん保険」や「三大疾病保険(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)」といったものもあります。

「特定疾患保険」は注意して選ばなければ危険です

 

「特定疾病保険」は、特定の病気のみを対象にしている分、保険料は通常の医療保険よりも割安になります。ただし特定の病気を対象にしているので、年齢や性別などの疾患別の罹患率を元に計算しているため、負担する支払いは複雑です。また、例えば「がん保険」を例にとった場合、有名ながん保険でも、「上皮内がん」と呼ばれる転移する可能性のない腫瘍の検査や治療には給付金が出なかったり、給付金が非常に少なかったりする場合もあります。がんの早期発見・早期治療が推進されている現代では、「上皮内がん」も対象となっている保険の方がよいかもしれません。また、「がん保険」でありながら、がんの手術の保障はない有名ながん保険もあるため、きちんとチェックする必要があります。

 

さらには、「特定疾病保険」の中には、女性特有の病気である乳房の腫瘍や子宮・卵巣などの病気に手厚い保障を行う「女性保険」というものもあります。生命保険や医療保険の中には、「女性特約(女性疾患特約)」として保障を厚くすることもできます。ただし「女性保険」や「女性特約(女性疾患特約)」も、女性特有の病気だけしか対象にしない保険会社もあれば、女性特有の病気だけでなく、がんや生活習慣病も対象としているものもあり、それぞれの保険会社の保険内容を細かくチェックする必要があります。

 

最近では、健康保険の効かない300万円以上かかるような高度な医療技術を受けるときに保障してもらえる「先進医療特約」という特約もあります。今後、医療が発展するにつれ、医療保険や医療保障の特約は、さらに多様化していくことでしょう。

 

「医療保険」にも「定期保険」や「終身保険」といったタイプがあります

 

「医療保険(入院保険)」にも、「生命保険(死亡保険)」と同じように、掛け捨て型の「定期保険(定期タイプ)」や、一生涯保障の続く「終身保険(終身タイプ)」があります。医療保険の場合は、1年払いや10年払いといった短期での加入も一般的なため、こまめみ見直しすることも可能です。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング全ての保険を一括で見直し、No.1見積もり相談『保険マンモス』

 

その他にもたくさんある、様々な保険

 

健康に関わる大きな保険は「生命保険(死亡保険)」と「医療保険」の2種類ですが、実際には、それ以外にもたくさんの保険があります。

 

例えば、子どもの入学時期などに合わせて祝い金をもらいつつ貯蓄できる「学資保険(子ども保険)」、高齢になったときに年金として受け取れる「民間年金保険(個人年金保険)」、将来介護を受けるときに受けることのできる「介護保険」、災害に備えた「地震保険(災害保険)」などもあります。

 

保険料の見直しは必要なの?

 

「生命保険(死亡保険)」と「医療保険(入院保険)」をどのようにかけたらよいのかについては、あなたが独身なのか、世帯を持っているのかにより違ってきます。また、その人が特定の病気の多い家系なのは、収入はどの程度で生活費はどの程度なのか、さらに今後、収入はどの程度伸びるのか、といった条件によっても違ってきます。

 

独身の場合は、どのような保険が適しているの?

 

独身ならば、「生命保険」よりも「医療保険」を重視した方がよいでしょう。一般的には、独身の場合は、自分の葬儀代として200〜300万程度の死亡保障のある「終身保険」と、医療保険に加入していれば、最低限のことは満たすことができます。しかし、さらに貯蓄なども考えているなら、さらにもう1つ「終身保険」に入るという方法もあります。

 

結婚した場合には、どのような保険が適しているの?

 

また、あなたが結婚した場合は、奥さんは医療保険を重視したままでよいですが、旦那さんは生命保険も重視するべきです。家のローンや車のローンがあった場合は、万が一、旦那さんがなくなったときのことも考え、生命保険の額も設定した方がいいでしょう。さらに子どもが生まれた場合は、学資保険への加入も検討しなければなりません。またお子さんが幼稚園に入る頃には、お子さんの医療保険への加入も検討しなければいけません。

 

保険は非常に種類も多く複雑ですが、とても大事なことなので念入りにチェックを

 

現在は、保険も様々な商品が発売され、新商品ならばさらにお得に利用できる、という場合も少なくありません。
そのため、あなたにとって本当に必要な保険を、ライフスタイルに合わせて変えていく必要があるわけです。また、女性のライフスタイルに特化した様々な保険や特約もあるので、あなたが女性の場合は、さらにしっかりと調べる必要があります。

 

さらに「医療保険」や「特定疾病保険」、「生命保険」に特定疾病特約をつけている場合は、あなたが想像している病気や手術に対してきちんと保障金が払われるかどうか、もう一度念入りにチェックする必要があるでしょう。がんの手術に対して保険金が払われると思っていたのに、実際にがんになったときに、「その病気では保険金を払うことはできません」と言われたらショックですよね。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング全ての保険を一括で見直し、No.1見積もり相談『保険マンモス』

 

あなたの生命保険や医療保険、学資保険を見直す、保険アドバイザーとは?

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング

最近の保険は非常に複雑で、思わぬ病気で支払いが行われないような危険な場合もあるため、保険を適切に紹介することのできる『FP(ファイナンシャル・プランナー)』と呼ばれる職業が注目を浴びています。FPとは、あなたの家計を見直し、よりよい生活に導くプロです。

 

最近は、テレビ番組の中で、FPが光熱費やお小遣いをチェックして家計を見なおしたりするのを目にすることもあるので、「FP」という言葉を耳にしたことのある方も多いことでしょう。

家計や保険のプロ、FPが行う『保険アドバイザー』とは

 

「FP」の仕事は、家計を見直すプロであるだけでなく、資産管理や保険の見直しをするプロでもあります。そして最近は、『保険アドバイザー』として、FPが無料で保険相談について細かく乗ってくれる保険相談が人気となっています。

 

保険相談を利用することのメリットは、たくさんの保険を扱っている点です。そのため、幅広い生命保険や医療保険の情報を持っているため、あなたのライフスタイルや家計に合わせて、ムリなく支払いのできる、適切な保険を選んでもらうことができます。これなら、疾患別の細かい条件をうっかり見落として、大失敗することもないですし、高い保険の支払いで毎月大変な目に合うこともないので安心です。

 

『保険アドバイザー』による無料の保険相談は、訪問型と来店型の2種類がある

 

無料の保険相談には、大きく2種類があるので注意しましょう。1つは、無店舗で店舗を持たない「訪問型」と、店舗があり店舗まで行く必要のある「来店型」です。どちらの場合も、ネットで申し込んでからメールや電話でやり取りをし、いつ相談するか予定を組みます。

 

無店舗型の場合は、保険アドバイザーが、あなたの指定した場所まで直接来てくれます。指定する場所は、あなたの自宅や近所の喫茶店、ファミレスなどが一般的です。一方、店舗型は、直接、保険の無料相談を行なっている店舗まで出向き、相談を行います。

 

どちらの場合も、ムリに保険を勧められることはないので、安心して利用することができます。既に生命保険や医療保険に加入している場合も、見直しについて相談に乗ってくれるので、今までの保険について疑問を持っている方は、チャンスだと言えるでしょう。

 

おススメは無店舗型で、あなたの自宅で保険の無料相談

 

『保険アドバイザー』を利用するときのおススメは、自宅で相談を行うことです。というのも、『保険アドバイザー』に急に質問されても、すぐに思い出せなかったり、資料を用意できなかったりする場合があるためです。

 

例えば、突然、給料や光熱費などの家計について聞かれても、正確に正しい数字は思い出せないこともありますよね。また、既に保険に加入している場合、その保険にどのような特約が付いているのか、といった細かい情報は答えらられないことが多々あります。また、店舗などだと、どうしてもアウェイなので、保険アドバイザーに気おくれしがちになってしまいます。

 

しかしあなたが自宅で相談を受けていたら、給料明細や光熱費の領収書を出すこともできますし、今までの保険の資料をタンスの引き出しから取ってくることもできます。また自宅なら、あなたの土俵なので、気おくれすることなく、堂々と話を聞いたり、質問することもできるわけです。

 

相談は、1回で1〜2時間程度なので安心

 

自宅に来てくれるのなら、店舗に行くまでの交通費もかかりませんし、仕事や家事で忙しい方でも気軽に利用することができます。やはり店舗に出向くとなると、ついついメンドウになりがちですよね。基本的には、1回で1〜2時間程度の相談で済みますので、気楽に相談することができます。

 

生命保険の見積もり相談、比較ランキング

 

今、最も人気のある生命保険の見積もり相談のみを、厳選して紹介しています。

 



業界屈指の丁寧な対応と保険の知識でNo.1:保険マンモス
支払いを安くする手法に定評のある老舗の保険相談

しつこい勧誘には「イエローカード制」を導入し、FPの変更や登録抹消も実施。アドバイザーの丁寧な対応に徹底。さらに、高齢になるに従い保障額を減らすことで生命保険の支払を大幅に減らす『三角のマジック』の手法には定評があり、独身から家族世帯までオールマイティに対応。実績・知名度共にNo.1。

登録料・利用料
相談形式
対応地域
無料
訪問型
全国
利用満足度 ★★★★★


OLや主婦に大人気:OZ─i(オズアイ)
女性保険のプロが揃い、女性よりの高い評価

しつこい勧誘に対して「OZアラート」を導入し、FP変更の対応も実施。特に「女性保険」に熟知したアドバイザーが揃っているため、OLや主婦の方に高い人気。

登録料・利用料
相談形式
対応地域
無料
訪問型
全国
利用満足度 ★★★★★


来店型保険相談No.1:みつばち保険ファーム
来店型ならではの資料を用いた丁寧な説明

店舗型の保険相談としては、最多の店舗数。店舗型ならではのパンフレットや資料の充実で、保険の大幅な見直しを行いたい新婚の方や、小さいお子さんのいる方に人気。

登録料・利用料
相談形式
対応地域
無料
来店型
全国160店舗以上
利用満足度 ★★★★★

 

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング保険の見積もり無料相談No.1『保険マンモス』

 

 

東京の生命保険の見積もり無料相談の選び方

 

基本的には、無店舗型の訪問形式を選ぶのがよいでしょう。

独身の男性の方・家族世帯の方

訪問型の中では、アドバイザーの対応・保険の知識の点で評価の高い、『保険マンモス』を選びましょう。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング『保険マンモス』はこちら

 

独身の女性の方・シングルマザーの方

「女性保険」に最も詳しいアドバイザーの揃っている、『Oz―i(オズアイ)』の利用も検討しましょう。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング『Oz―i(オズアイ)』はこちら

 

新婚の方や、お子さんのが生まれた方

大幅な保険の見直しをする可能性もありますので、
資料やパンフレットの充実している店舗型の『みつばち保険ファーム』を利用するのもよいでしょう。

 

生命保険 東京|東京の生命保険の見積もり相談ランキング『みつばち保険ファーム』はこちら

 

 

親切で丁寧な対応と、的確な保険の情報
保険アドバイザーとの末永い付き合いも考えるなら
No.1保険無料相談『保険マンモス』